ヤマハ(YAMAHA)

マンションの防音工事費用は100万円?200万円?

ヤマハ(YAMAHA) 会社名 ヤマハ(YAMAHA)
TEL ---
FAX ---
ホームページ http://jp.yamaha.com/
施工エリア 全国

ピアノの製造からエレクトーン、電子楽器まで世界的にも有名な企業で、関連会社も含めると電子機器や自動車部品、音楽関連事業、スポーツ用品など幅広く手がけています。
「アビテックス」という名の防音ボックスが有名で、一般向けにはユニットシリーズと自由設計のフリーシリーズの2タイプあります。
美しい音が心地よくきこえる“音の環境づくり”をモットーとし遮音性能の高い3層構造のパネルが使用されているのが特徴です。

ユニットシリーズでは電話ボックスのように小さなタイプから4.3畳のルームタイプまで5種類の中から選ぶことができます。
防音室というとピアノ室をイメージしてしまいがちですが、管・弦・声楽の練習のためにはボックスタイプでも十分で、コストを大幅に抑えることができます。
フリーシリーズはパネル工法を採用していて、あらかじめパネル類を工場段階で用意して現場で組み立てていきます。

遮音性能は、Dr-30、Dr-35、Dr-40の3種類から防音性能を選択できます。注目できるのは音を閉じこめるだけの防音ではなく、反響効果と吸音効果の絶妙なバランスで、美しい音のする部屋だということです。やはり楽器メーカーだけあって音にこだわりを持っていることがわかります。

無料の体験やレンタルも可能

施工までの流れに関しては特約店のショールームで防音性能や響きを体験して確かめるところから始まります。
他社が現地調査から始めることが多い中で、注文前に実際に確認できるのは嬉しいサービスですね。

施工期間は、ユニットタイプなら約1~2時間、ルームタイプでも約半日で完成します。フリーサイズの場合は約1週間で完成。工事はヤマハの特約施工店が行います。
アフターフォローは全国の特約店が行いますが、体験スペースが全国にあるのも強みです。

また、防音室は販売だけでなく、レンタルサービスもあり、大変便利。
体験スペースやレンタルサービスは防音室の内容に自信があるからできることで、カタログの写真やデータだけでは不安という場合も、こうしたサービスで解消できます。

防音工事の費用比較サイト