防音工事の費用を比較

マンションの防音工事費用は100万円?200万円?

8畳のピアノ室ここでは、大手防音工事会社6社を工事費用で比較しています。
費用は、一般的な8~10畳くらいの広さで、ピアノ室を構築することを想定した内容になっています。
また、簡単ではありますが各社の特徴も紹介しております。
それではご覧ください。


会社名 費用 特徴
防音工事、環境改善のことなら
日本板硝子環境アメニティ
280万円 独自の施工技術で、高い防音性・デザイン性を実現する老舗。マンション、スタジオの防音施工実績はこの業界トップクラス。防音工事後の音質環境を無料で体験できるサービスもある。
施工完成図・利用者の声はこちら≫
音楽家のための防音工事専門会社です
アコースティックエンジニアリング
290万円 音楽スタジオをメインとした防音工事会社。創業から30年以上オーダーメイドの施工を行っている。施工した物件は800件以上の実績を持つ。
施工完成図・利用者の声はこちら≫
防音室、防音工事ならお任せ
環境スペース
295万円 ピアノ室からスタジオ、ライブハウスまで幅広く対応している。「ベーシック仕様」と「ハイグレード仕様」の2種類の施工タイプがあり、お勧めは防音性の高い後者。
施工完成図・利用者の声はこちら≫
高橋建設 300万円 「ミュージックキャビン」というサービス名のユニット型(部屋を改装するのではなく、防音BOXを部屋内に設置すること)の防音施工が評判の防音工事会社。施工エリアは首都圏中心。
施工完成図・利用者の声はこちら≫
ヤマハ(YAMAHA) 300万円 こちらもユニット型。BOXは独自の3層構造のパネルで構成され、不燃性に優れている。上記4社と比較した場合、若干その防音性は劣る。主に管楽器での利用者が多い。
施工完成図・利用者の声はこちら≫
カワイ音響システム 290~365万円 住宅から音楽ホールまで、幅広く手がける大手。ユニット型中心で、幅広いサイズのバリエーションが特徴的である。また、防音のレベルも高い・普通・小さいの3種類から選べる。
施工完成図・利用者の声はこちら≫

※実際の施工箇所・内容によって、防音工事の費用は多少上下する可能性がございます。

防音工事の費用比較サイト