環境スペース

マンションの防音工事費用は100万円?200万円?

環境スペース 会社名 環境スペース
TEL 03-5795-1215
FAX 020-4669-0341
ホームページ http://www.soundzone.jp/
施工エリア 全国(首都圏中心)

ピアノ室から本格プロ仕様のスタジオやライブハウスまで幅広く対応している防音工事会社。
組立ユニット型の防音室の販売はなく、部屋の広さ、環境にあわせてオーダーメイドで施工する自由設計をモットーとしています。
ピアノ室の防音の例からご紹介すると、施工に関しては目的に合わせてベーシック仕様とハイグレード仕様を選ぶことができるようになっています。

「ベーシック仕様」
・床:軽式遮音浮き床(吸音材) タイルカーペット
・壁:固定遮音壁・浮き壁構造(LGS、吸音材、吸音ボード)
・ビニールクロス仕上げ(ホルムアルデヒド消去) ソフト巾木
・天井:防振吊天井 ソーラトン仕上げ
・建具:防音ドア(木製D-30) 
・電気配線:コンセント2ヶ所 スイッチ1ヶ所 その他基本電気工事
・換気扇:ロスナイ1台

「ハイグレード仕様」
・床:乾式遮音浮き床(吸音材、防振ゴム)  タイルカーペット
・壁:固定遮音壁・浮き壁構造(LGS、吸音材、吸音ボード)
・ビニールクロス仕上げ(ホルムアルデヒド消去) ソフト巾木
天井:防振吊天井 ソラートン仕上げ
・建具:2重防音ドア(木製D-30) 
・電気配線:コンセント2ヶ所 スイッチ1ヶ所 その他基本電気工事
・換気扇:ロスナイ1台
・吸音パネル:ピクチャーレール2方
・残響調整パネル6枚

ベーシック仕様でも日常生活のピアノ演奏で苦情が出ないレベルになっていますが、ハイグレード仕様では浮床の固定伝搬音対策が強化されていることと遮音ドアが2重になっている点、遮音パネルもプラスされているので夜間のピアノ演奏でも安心できる設計になっています。

一階で床施工不要の場合には、外したり逆に環境に応じて必要な防音工事をオプションで追加できたり、柔軟性のある内容になっています。一級建築士事務所としての登録があり、防音だけでなく建築のことを知り尽くしているからこそできる対応ですね。

工事費用は、どちらの仕様も~295万前後となっています。

防音体験ルームが利用できる

オーダーメイド施工の場合は、完成するまで防音効果について把握しにくいことが多いのですが、そういった不安を解消するための無料防音体験ルームがあるのもこの会社の特徴の一つ。
防音体験ルームはハイグレード仕様を基本に幅1830×奥行1960×天井高2450mmの部屋が用意されています。
実際にピアノを弾いて上下階の影響や同フロアでもロスナイ有無の違いなどを確認できます。

防音工事の費用比較サイト