遮音性能と騒音(音響)測定

マンションの防音工事費用は100万円?200万円?

音源と音を聞いている場所との間に壁があると音が小さくなりますが、このように音を遮断することを遮音といいます。遮音性能を判断するには様々な基準がありますが、防音工事で必ず出てくる単位の一つにD値があります。

これは、JISで決められた遮音性能(防音性能)の評価方法(JIS A 1419:1992)のことで2000年に規定が改定され(JIS A 1419-1:2000)Dr値と表現されることがありますが、この値がD値に相当します。
日本建築学会による表示尺度と住宅における生活実感との対応例からD値(Dr値)等級によりどのように聞こえるかというのをご紹介しましょう。

Dr-65:通常では聞こえない
Dr-60:ほとんど聞こえない
Dr-55:かすかに聞こえる
Dr-50:小さく聞こえる
Dr-45:かなり聞こえる
Dr-40:楽曲がはっきりわかる
Dr-35:よく聞こえる
Dr-30:大変よく聞こえる
Dr-25:うるさい
Dr-20:かなりうるさい
Dr-15:大変うるさい

これを見るとピアノ室の防音工事の場合は、Dr60~65くらいを目標値として考えておけばいいということになります。遮音性能は建物の構造や周囲の環境によってもどの程度必要かというのは変わってきます。あくまで判断基準の一つと捉えておくのがよいでしょう。

遮音性能の測定

遮音性能の測定はマンションなど集合住宅で住宅環境の向上のために行われることが多いのですが、防音室の評価にもなりますので予備知識として知っておくと便利です。

測定は、JIS A 1417(建築物の現場における音圧レベル差の測定方法)に準じて行われ、基本的な測定方法として、室間音圧レベル差の測定と特定場所間音圧レベル差の測定の2種類があります。
部屋と部屋の遮音性能を測定するのが室間音圧レベル差測定で、扉や窓など部位ごとに測定するのが特定場所間音圧レベル差測定です。実際には音源室側でスピーカからノイズを発生させて受音側の測定器でその差を評価することになります。

無視できない騒音の測定

防音室というと音漏れ防止のイメージがありますが、外部から中への騒音も考えなくてはなりません。
ピアノ室やオーディオルームなどを構築する場合は自宅周辺の環境も調査して騒音対策をする必要があります。
以下では、騒音の目安を紹介していきます。

【騒音の目安】(単位:db)
130以上:大砲の至近距離
120:飛行機エンジン音近く
110:自動車のクラクション(2m)
100:電車通る時のガード下
90:騒々しい工場内、犬の鳴き声(5m)
80:地下鉄の車内
70:大き目のテレビ音声、騒々しい街頭
60:普通の会話
50:静かな事務所、クーラー
40:図書館・市内の深夜
30:ささやき声・郊外の深夜
20:そよ風・木の葉のふれあう音

人の耳の感度は周波数によって異なりますが、3000Hz~4000Hz以外は感度が鈍くなります
騒音を計測する騒音計には人の耳で聞いた音の大きさに近い値になるように周波数ごとに補正する機能がついていて、これで騒音レベルを調査します。

家の中には防音室の対象となる部屋以外にクーラーもありますしリビングにはテレビもあるでしょう。
こうした音源を分析して総合的に防音効果を考える必要があるのです。

防音工事の費用比較サイト